剪定の必要性や業者を利用するメリットについて確認しよう

剪定の必要性や業者を利用するメリットについて確認しよう

剪定

剪定の必要性

剪定は主に木をコントロールするために行われています。山などは十分なスペースがあるので、木が大きく育っても問題ありません。ですが、庭などの限られたスペースで育てている木に関しては剪定する必要があります。剪定をしていかないと、どんどんと範囲を広げていき、庭ではなく森のようになってしまうでしょう。それを防ぐために、剪定はとても大事な作業です。

剪定

生長期の木にも必要

木がまだ小さいにも剪定をする必要があります。小さい時はスペースの心配がいらないので、剪定をする必要が無いのでは?と思うでしょう。ですが、小さい時に行う剪定は、木が十分に育つために行います。いらない部分に栄養を使ってしまわないように、剪定をして、必要な部分にしっかりと栄養を届けることができるようになります。

男性

剪定を行う時期

剪定が木にとってとても大事な作業だということは分かったと思います。では、具体的にどの時期に剪定を行えばいいのでしょうか。常緑樹であれば、6月頃と10月頃に必要となります。落葉樹は、11月~3月頃が最適とされています。花を見る目的で育てている木であれば、芽を切ってしまわないように気を付けましょう。自信がない場合は、専門業者に依頼してもいいでしょう。

剪定を自分で行った場合と業者に依頼した場合の比較

自分で行った場合

剪定には、豊富な知識と経験が必要になります。これまでに、多くの木を剪定したことある人は、自分で剪定しても問題ありません。ですが、あまり経験が豊富ではない素人が行うと、切る木のバランスが悪かったり、花の芽まで切り落としてしまう可能性があります。失敗を重ねていくことで、剪定技術は上がっていくので、長い目でみると上達していくでしょう。

業者に依頼した場合

業者に依頼する場合は、仕上がりに期待していいでしょう。剪定のプロが作業をするので、失敗することはまずないでしょう。必要な枝を残し、芽を切り落とすこともありません。ですが、業者を利用するということは、お金が掛かってしまいます。年に数回程度の利用なので、そこまで高くつきませんが、気になる方は自分でやってみてもいいかもしれません。

広告募集中